個人の能力を伸ばすための社員研修

個々の能力を伸ばす事が大事

会社の従業員の能力を上げるためには、個々の能力を伸ばす事が大事です。そこで行うのがマンツーマンの社員研修です。基本的に社員研修は集団やグループで行う事が多く、その方が短時間で多数の社員を同時に教育する事が出来ます。また、必要な講師も少なくて済むのでコスト削減にもなりますよね。しかし、集団やグループで社員研修を行う場合には、一人一人のスキルを確実に伸ばせるかといえば不透明です。しかし、マンツーマンで社員研修を行うと高い確率で従業員一人一人の能力を上げる事が出来るでしょう。

マンツーマンだと、指導する人が研修を受ける人の能力を見ながら教え方をかえる事が出来たり、社員研修担当者が教えた事を従業員が習得しているのかを確認しながら研修を進める事が出来るメリットがあります。

講師の質が重要になる

マンツーマンで社員研修を行う時には、講師の質が大きなポイントになります。マンツーマンだからといって必ずしも研修の成果が現れるとは限らないです。例えば、講師の教え方が悪かったり講師自体が仕事について理解していない部分があると当然その講師から教わった従業員の能力はあまり向上しないです。これではせっかくマンツーマン指導で研修を行っても時間の無駄になるので、誰を講師役にするのかを会社全体で考える必要があります。 仕事のスキルが高い人を選び、新人にも丁寧に教える事が出来る人を選択するようにします。また、マンツーマン指導だと従業員全員を研修するのに多数の講師を準備する必要がありますよね。場合によっては、外部から講師を招き入れる事も考えます。